毛穴の黒ずみ及び美白レーザー

美白レーザーの目的

  1. 毛穴を小さくします。
  2. うすいシミ、深いシミ、うすい色のほくろを徐々にさらに目立てなくします。
  3. (2)と重なりますが太田母斑、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)などの深いシミを徐々に目立たなくします。
  4. 顔の脱毛作用があり、全体の色調が徐々に白くなります。

施術方法

まず顔全体にうすくカーボンオイル(黒いオイル)を塗ります。
そしてQスイッチヤグレーザーを3〜5分間顔全体に照射します。Qスイッチヤグレーザーは毛穴にしみ込んだカーボンオイルを焼き、毛穴に人工的な炎症を起こさせ、毛穴を小さくします。またシミ、ほくろ、太田母斑、ADMなどの深いシミに対しては強く照射します。
そして残ったオイルをふき取り、脱毛レーザー(ロングパルスアレキサンドライトレーザー)を照射します。顔の脱毛を行い、徐々に顔全体の色調が白くなります。赤みが強い時や熱感が強いときは5〜10分冷却します。

美白レーザーは、3〜4か月に1回施術します。
シミ、そばかすレーザーのように強いレーザーではなく、かさぶたにはなりません。(ただシミ、そばかすレーザーと併用するときには、当然かさぶたになりますが)マイルドな施術で、あまり痛みもなく翌日から化粧ができます。
うすいシミ、ほくろ、ADMなどは約1か月後に逆にやや色が濃くなることがありますが、目立ちません。

最初はレーザーの効果を実感できないかもしれません。しかし美白レーザーを3〜4か月に1回繰り返すことによって顔の脱毛、美白、そして薄いシミ、ADMなどが徐々に消え、2〜3年後には、見違えるように顔全体に色調が、白く明るくなります。

トラブルのケース

日焼けした肌、色のとても黒い肌には、照射しません。あるいは弱く照射します。
脱毛レーザーによって5%(20人に1人くらい)ニキビ様毛嚢炎ができることが有りますが、2週間ほどで治ります。あまり大きなトラブルはありません。

2〜4か月に1回の施術をお勧めします。

毛穴、油肌、赤ら顔(ヤグ)+ レーザーフェイシャル ¥17,000-

赤ら顔、毛細血管拡張に対するロングパルスヤグレーザー

ジェントルマックスというレーザーを使用して顔や下肢の血管拡張、赤ら顔を治療できます。
ジェントルマックスはヤグレーザー機能があり、赤みの原因である血管を焼くことができます。
顔の赤みや鼻の周囲の糸ミミズのような毛細血管拡張を改善できます。レーザーの痛みはありません。

施術間隔は1〜2か月に1回で2〜3回位の施術で改善します。

料金は範囲によって¥10,000〜¥17,000です。

ケミカルピーリング・イオン導入

ケミカルピーリングはグリコール酸・乳酸を用いて皮膚の角質を溶かし、肌のくすみ、ニキビ、ニキビ跡を改善します。イオン導入は電気的な作用でトラネキサム酸・ビタミンCを皮膚に浸透させ、皮膚の乾燥を改善します。

いずれも美白・美肌を目指す処置で肌質によってピーリングのみ、両方、イオン導入のみと区別しています。
当院のピーリングは主としてマイルドなグリコール酸を使用しており、過激ではありません。最初は2週間に一度、または3週間に一度試行します。

ケミカルピーリング ¥6,500-
冷却電気導入(ケアシス) ¥6,500-
ピーリング ケアシス ¥13,000-

症例のご紹介

ケミカルピーリング